Coffee Break and Go.

GPGC1

最近血股を賑わせているコーヒー豆を手に入れたので淹れてみた。

GPGC2

先生によると、コーヒーはコーヒーの味と香りがついた水であるからして美味しい水を使うべし、と。

美味しい水に美味しくコーヒーの成分が溶け出せば此れ即ち美味しいという理屈である。

2杯分、24gの豆をミルに流し込んだらハンドルを回す。

このガリガリがたまらなく楽しい。

GPGC3

挽きたての豆から香りが立ってきて脳が嬉々とする。

ああ、めんどくさい。なんてめんどくさいは素晴らしいのだろう。

火を止めたとたんにポットに沸かしたお湯の温度はぐんぐん下がってゆく。

抽出をはじめる時にポットのお湯が何度くらいになっているか把握しておくと良い。

GPGC4

きっちり蒸らしてから抽出を始める。

ふっくら膨らんでくる豆の粒たちはなんとも愛らしい。

3分きっかりで250ml落とす。

ビーカーは見た目と機能で気に入ってるんだけど、持つとき熱いです。

GPGC5

プロセスを把握し、それらをコントロールして楽しもう。

ゴールはぼんやりとしてる方が気楽だし、迷い込んでく方が好き〜なんてあなた。

ちょっとした好奇心が日々をおもしろおかしくするの知ってる〜なんてあなたも。

まだ遅くはないっ!

今すぐカッチョイイ自転車を買ってきなさい!


コーヒーの話はそれからだ。



comment

まだ遅くはないっ!

今すぐカッチョイイ自転車を買ってきなさい!


コーヒーの話はそれからだ。



ここ最高だな。
  • tomoshit
  • 2012/08/29 12:57 PM




   

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

+

+

profile

+

+

search this site.

+

+